shougaの生き方模索雑記

日記、心の安定、長野移住、登山、etc…

SNSやブログにおける交流

珍しく他の人がブログの記事にスターを付けたりいいねしてくれたりしても接し方がよく分からない。アクションしてくれた方のブログを見に行ったりはしたけど。

見に行くものの、いいねもコメントもしない。「相手がいいねしてくれたからこっちもお返ししなきゃ」みたいな考えに縛られるのが嫌だと思った。趣味でやっていることにおいて『義務』が発生するのがとにかく苦手だ。それと「最初だけ話したけど疎遠になる」みたいな流れが嫌だ。

 

私は何度かTwitterで他の人と交流したこともあるけど、毎回疲れて辞めたりアカウントを消したりしてきた。今は見る専のアカウントで自分では呟かないことにしている。

 

登山用のアカウントでは自分が写真アップしてもいいねの数が少ないと何か引っかかる気持ちになった。いいねされようがされまいが現実における価値は変わらないはずなのに、ネット上では数値化されてしまうのが嫌だった。

 

登山SNSであるヤマレコでも「拍手」機能というものがあるが、拍手してくれた人へのお返し拍手が定番となっている。もちろんそういうのを一切しない人もいるが、そうすると内容が相当魅力的でないと拍手をあまり貰えない。

また数値によって可視化されてしまう。拍手があろうが無かろうがその人の素晴らしい山行記録の価値は何一つ変わらないはずなのに。

 

ネット上に限らず現実でもそう

SNSに限らず現実でもそうだ。最初頑張って相手に好意的だったり明るく振舞ったりしても、徐々に疲れてそっけない対応になることが多い。「最初は愛想良かったのに何故か時間が経つとよそよそしくなる人」なのだ。そういうのが嫌なので、最近は「最初から割とそっけない人」みたいな感じでやっている。余裕が出てきたら無理のない範囲で仲良くなる程度でいい。いや、私はそっけない人というよりは「どこか自信がなさそうで警戒心の強そうな人」みたいな感じだけど…。

それと接客はちゃんと明るく丁寧にやってますよ。 ”同僚との人付き合い” と ”接客” は別腹なので。

 

このブログについて思ったこと

ブログモチベが多少復活してきたかもしれない。モチベが復活してきたことの理由は分からない。

ただブログを放置していると、その時期に自分が何を感じ何に悩み、どう考えてどういう決断をしてきたのかが分からない。

今の自分が思ってることを記録に残したい気持ちがある。人間の思考や考え方というのは移り変わるもので、過去の記事を見ると別人が書いた文を見ているようで面白いから。学生時代の作文や感想文を見て「こいつ面白いな…」と思うように。

 

 

内容が暗めだから明るいことも書きたい

自分のブログの記事適当にザッと見た感じ、全体的になんか暗いんだわ…。いや、明るくするのが難しい。

実はGWに島根旅行に行ったりしたし、日常の中でも良いこと嬉しいことは結構あるから、明るい内容にしようと思えば出来るんだけど。

ただ私は旅行記録でそんなに深い文章が書けるわけではない。だからどうしても撮った大量の写真を並べて合間に一行~数行の文を添付するだけになる。ただこの写真大量アップロードには手間がかかるし、どうしても「ブログ書かずに撮った写真眺めるだけで良いじゃん」という思考になる。人間、易きに流れる生きものだ…。

感覚派

私は感覚派なので旅行に行ったりしてもあまり元ネタは調べない。

焼物巡りをした際に食器の色や形、重さや手触り等は注意深く観察するけど、ネットや本で調べたりは全然しない。美術館に行った時も作品を見て何かを感じ取るのは好きだけど、美術史や作者の生い立ちはそんなに確認しない。例外としては星野道夫さんのように惹かれる人物の道のりは詳しく調べたりするけど。

 

読みにくさ

それと読みにくい。思ったこと長々と書いたメモ置き場みたいな感じで使ってるから、かろうじて見出し付けてるくらいで、重要な単語や文章の強調とかも殆どしてない。

写真も付けないことが多い。写真1枚付けてサムネイル表示がされるだけでだいぶ印象が変わると思うんだけどなー。

結果的に改行も適当な文章が長々と置いてあるだけの記事になっちゃう。

 

最近の雑感

 

また前回の更新から1ヶ月以上空いちゃった。

気分が何故か一時的に上向きになったのと、たまたま文章を書く気になったので最近思ったことをここに置いておく。メモ書きみたいなもので人様に見せられるような域には到底達してないけど、もともと殆ど誰も見てないから良いだろう。

 

調子が良くなかった

もともとここ数週間ほどあまり精神的に低調で、数日前からはこの世の終わりみたいな気分になっていた。

今現在が悪いと、そうなるに至った過去の出来事が悪く見えて来るし、未来にも全く希望が持てなくなっていく。自分の人格や能力に懐疑的になり、やりたいことがあっても実現できるはずがないと諦める。空虚と諦念によって全てを放棄して終わらせたくなった。

仏陀の教え

hasunohaを見ていたところ、他の人の悩みへのお坊様の回答の中にこういった内容があった。

お釈迦様は妄想を猛毒としました
思考力を奪い、今から逃げる事を促し、過去を現在を未来を思い浮かべ
自分の否定を繰り返してみたり、肯定をしてみたりと、無駄に時間を浪費し
しまいには恐ろしい事に心が病んで何も手につかなくなってしまいます

まさにその通りだ。何千年も昔の人の教えでも現代にぴったりと当てはまるのだから、仏陀の教えは人間の本質を捉えているんだろうな。

まぁぶっちゃけて言うと、仏教の有難い教えを心の調子が悪い時に見てもそこまで効果があるわけではなかった。心の調子が普通以上の時に見て上向かせる効果はある。

 

何故か気分が良くなった

バイト

ただやはり人間、空いた時間が続くとろくなことを考えないというのは確かだ。昨日バイトに行ったら気分が上向いた。誰でもできる業務とはいえ、いちおう社会の片隅に参画するからだ。マニュアル通りの接し方とはいえ、声を発して人と会って、目の前のやることに集中している間は余計な雑念が浮かばずに済む。(バイト中に一時的に暇になったら浮かぶこともよくあるが…)ただこれが週5の9時間勤務になったらどうなっちゃうのかなとは思う。

たまに「大学まで出といてスーパーで働くのかよ」みたいな思考が発生することもある。何様なんだお前は…。世界中のスーパーで働く人に謝れ。米国ウォルマートの前で同じこと言えんの?大学出た人間なんて佃煮に出来るくらいたくさんいるし、その中でも大学時代特になんもしてこなかった人間なのに何で無駄にプライド持ってるんだそんなもの捨てろ。

 

昨夜から今朝にかけて9時間睡眠だった。夕~夜シフトは寝坊の心配が無いから心臓にやさしい。ただ食事の時間が安定しなかったり安静にしていても0時くらいにならないと寝付けなかったりはするが。

以前までの自分は何かと考え込みすぎだったのかもしれない。どうせ人間みんな多少なりともクズなところはある。そのパターンも千差万別だ。その中でも私は自分について悩める分まだマシな方ではあるんだろう。人間ただの糞袋に過ぎないんだから、あまり期待しすぎて落胆しないように。

 

書いているうちに満足してきたのでこの辺で。

音が気になる

 

昨日の勤務中、音のうるささと軽い頭痛に悩まされた。店内のBGMがうるさい、耳に響く…。帽子被ってると少し頭が締め付けられるような感じがして痛くなるのは今に始まったことじゃないんだけど、かなり気になった。

 

今日も調子が悪い。頭がもやもやする。昨日寝就くのに少し手間取ったからか?0時半に寝て7時に起きたから6時間半しか寝られていないから睡眠不足か。

働いてみたいと思った店に行く途中も、なんだか頭がふわふわする。なんだこれは?と思いながら歩く。

店に着いてタオル2枚を買った。しばらく店内の商品を見て回ったけど、BGMの北欧風?の弦楽器が頭に響く…。以前来た時とは違う曲だ。もう少しゆったりした曲を流してくれてもいいと思うんだけど…。自分を元気づけるためにカレー3種を買った。ココナッツ海老カレー、マトンキーマ、冷製チキンジンジャー。カレー料理店で頼むより安い。

この店が合わないわけじゃないと思いたい。そうしたらいよいよ自分はどこに行けばいいのか分からなくなる。今日はたまたま体調が悪くて音に過敏になっていただけだ。

「活気のある場所で実務的に働くことを好み、デスクワークが苦手」という性格タイプで、実際その通りだとは思うが、その性格でもし賑やかな曲や大きな音が苦手だったら噛み合ってなさ過ぎる。

 

睡眠を取ると変わる?

追記:バイトから帰ってきた。昨日と違って店内のBGMはあまり気にならなかった。それどころかBPM(曲の速さ)がゆったりしているようにすら感じられた。もしかして昼に1時間くらい寝て睡眠不足が解消されたから?聴覚過敏は私が持っている気質ではなく、睡眠不足によって引き起こされる症状の1つだった?

雑感

 

カウンセリング

昨日カウンセリングを受けてきた。

去年9月以来だからかなり期間が空いてしまったが、行って本当に良かったと感じた。

かなり久々だったのに先生は変わった様子もなくて、2週間くらいぶりかのように自然にそれまで話してきたことを把握されていて、この数ヶ月間の経過をスムーズに話すことが出来た。おそらく私が話したことを毎回まとめて、カウンセリング前に予習されているのだと思う。流石は心理のプロだ…と思った。

これまでの経緯だけでなく、最近感じていること等を全部話すことができたし、それに対しての先生からの第3者としてのフラットな返答も得られて、濃密な50分間だった。

数年前の私はカウンセリングって数十分に対して数千円かかるのってコスパ悪いなぁ…と思っていたが、受けてみたところこれは物凄く良心的な値段なんだろうな、と認識を改めた。

長野でもカウンセリングを受けられる場所が見つかれば受けてみようと思う。

深く考え込んだこの数日間だったが、この4日間バイトのシフトが全く入ってない4連休だったのも運が良い偶然だった。

 

気分、バイトの経験

昨日の夜~今朝くらいまでは気分が良かったけど、昼くらいからまた調子が悪くなった。身体も心もなんだか疲れた。

バイトでレジ業務をしているけど、ユニクロだけでなく無印良品でも自動精算レジとなっている。この経験って意味あるのかな…みたいな気持ちになった。いや、自動レジじゃないとこもたくさんあるし、今のバイト先でのレジ閉めや金銭管理は役に立つはず…。それにお客に対する敬語や対応力の他に、サービスカウンター業務なんかは覚えることがたくさんあって良い経験にはなるはずだ。

 

空虚感

なぜか虚しい…。今日の気分は悲しいとか絶望とかではない。

まぁ一昨年や去年のぐだぐだ悩んだメモを今見ると、「わりと小さいことで悩んでるなぁ」と思うので、今の悩みも来年再来年に改めて見るとどうでもいい内容なのかもしれない。ただ、自分は本当に幸せになれるのか、この長い旅に終着点を打ち、最終的な納得できる居場所に辿り着けるのか、自信があまり無い。

2ヶ月ぶりのブログ更新

 

気が付いたらブログを放置してしまっていた。これでよく去年文章を書いて生きていくことを一瞬でも考えたものだ…。

もう2ヶ月経っていたのか…時間が経つのが年々加速していっていて冗談ではなく本当に恐ろしい。気が付いたら老人になっていたというのもありえなくはなさそうだ(この先自分が何十年も生きていられるのかは置いといて…)。

 

昨日、家族と話し合いをした際に自分の現状や考えの甘さや何やかんやが情けなくてボロッボロ涙を流しまくった。成人済の男がどんだけ泣くねん…と思うが、涙を流すことで様々なストレス物質が体外に排出されるそうだ。つまりストレス物質が脳内にたくさん出たことによる生理現象に過ぎないから別に良いんだ。

それに私はそういう日の翌日は頭がクリアになって考えが進み建設的な脳内になることが多い。今日は結構調べものが捗った。まださわりなので書けるような内容ではないが。

 

運動

朝の散歩を再開した。バイトが夕方から夜にかけてあるので、翌朝の起床は7~8時くらいと早朝とはいかないのだが、やっぱり効果は高いと思った。起床後すぐに行くのが大事で合って、午前中の間ならいつでも良いらしい。

それとSwitchで『フィットボクシング2』というゲームで体感操作で体を動かしている。これがなかなか激しく、数日連続でデイリーエクササイズ(準備運動含めて軽め18分~通常28分)をやると肩甲骨のあたりの筋肉が軽く痛む。ただ8人くらい居るトレーナーさんそれぞれが美人やイケメンのキャラクター揃いで声も有名声優さんを起用しているので目の保養になる。衣装を変えたりできるし、エクササイズが終わった後は毎回褒めてくれる。この厳しい現代社会において、二次元キャラといえど毎回褒めてもらえるのは結構心にくるのだ…。ちなみにソフィとジャニスが好き。

 

バイト

バイトは相変わらず普通に行けている。ただのレジだからまぁ当然かもしれないが、私には「普通に仕事に行って業務をこなす」のを継続できる成功体験が少なすぎるので、こんなのでも地味に自信になりつつあると思う。

職場に良い人が多いので辞める時を思うと幾分か心苦しいのだが…。

とはいえ接客業は今までのと比べて比較的マシ…(言い方が悪いが)というだけで大好きというわけでもない。4時間ずっと立ってるだけでもたまーに夜寝る時に脚が変な感じがする。これが8時間になったらどうなるんだろう…。基本的に良いお客さんばかりだが、気難しそうな人や清潔感の無い人、どこか威圧的な人が居ないわけではない。

そのため移住後も接客業に特別こだわるつもりは無い。現状一番生きていけそうなのは確かだが。

 

 

移住先の仕事

移住するにあたって一番重要なのが仕事だ。ここさえ決まれば、あとは住む地域を決めて物件を探し、引っ越してからは新しい環境に慣れていくのみ。ただ、その仕事を決めるのが難しい。

 

住み慣れた場所で1つのバイトを始めて仕事を覚えるのにも多少の負荷がかかった。となると今までと全く異なる地域へ引っ越した直後に新しい仕事をするのは、かなりの負担がかかるだろう。

ひとまずバイトを始めてみたら分かってくることもあるだろうと思っていたが、始めてみたがこれがどうなのか分からない。レジの経験を積めたのは良かった。登山関連でも飲食でも観光でも、レジを全くやったことないのと経験があるのでは違うはずだ。またマニュアル通りとはいえ多少の敬語を実際に扱うのも良かった。

それと食品を扱う仕事、立ち仕事というものをやってみた印象としては私にはそれなりに合っている気もする。ただ週3の4時間だからちょうどいいだけのようにも感じる。これが週5で1日8~10時間立ったままとなると、どうだろう。厳しいかもしれないし適応できるかもしれない、結局何も分からない。

 

以前の私は「バイトかけもちでもいいから何でもやって収入を確保して、時間が経って年齢を重ねる前にさっさと移住した方が良い」と書いた。後半については今でも同意するが、前半の考えについては今では懐疑的になっている。

引っ越しと新しい仕事2つを同時に覚えるのはハードルが高い。それと、またしても職場ごとに違うことを覚えて、無駄に苦労をしてしかも一貫性が無くなりそうだと危惧している。

 

つまり、最初から正社員もしくはフルタイムのパート社員or契約社員等を目指した方が良い。

しかし松本市の求人を見ていても、どの仕事にするのか決まらない…。

ここ数日急に暖かくなってきたことで月日の流れを感じ、焦りが生まれる…。